不登校新聞

552号 2021/4/15

不登校時の趣味を仕事にした漫画家が描く「僕の不登校その後」

2021年04月15日 12:21 by kito-shin
2021年04月15日 12:21 by kito-shin


棚園正一さん

 今回お話をうかがったのは、漫画家の棚園正一さん。棚園さんは小中学生のときの不登校体験を2015年に漫画化。その続編となる新刊を今年3月に出版した。新刊に込めた思いなどを語っていただいた。

* * *

――前作『学校へ行けない僕と9人の先生』から6年、続編を書くに至るいきさつからお聞かせください。

 『学校へ行けない僕と9人の先生』を出版したあと、ありがたいことに不登校関係の講演会の講師としてお声がけいただくようになったんです。前作では小学校1年生で不登校したきっかけから中学生までの9年間の実体験を漫画にしたわけですが、講演会での質疑応答では「その後はどうなったんですか?」という声をいくつもいただきました。後日談も描きたいなと思っていたところ、前作を出した双葉社からオファーをいただき『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』を出版する運びになりました。

――講演会のことは新刊の第1話でも描かれていますが「もっと具体的な解決策が聞きたかった」「棚園さんは運がよかっただけ」といった声もあったとあります。

 そうですね。そういう意見は全体の1割にも満たないんですけど、よい意味で、僕のなかでひっかかる部分があったのはたしかです。ただ、以前と今とでは、そうした声の受けとめ方が僕のなかで変わってきました。

 講演会で僕の不登校体験を話し始めた当初、さきほどのような声がアンケートで届くたび、無力感に近いものを感じていました。僕の話はあくまで僕個人のものでしかないんだなって。もちろん不登校は千差万別だし、僕のケースが広く一般化できるものと理解していたわけではありませんが「もっと気の利いたことを話さなくてはいけないのではないか」「どういう言葉を返せばみなさんの力になれるのだろう」と悩んだこともありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「構造を変えるよりも明るく逃げよう」絵本作家・五味太郎が語る歪んだ社会から逃げることの大切さ【全文公開】

621号 2024/3/1

「人生は楽しいと意地でも子どもに伝えたい」児童文学作家・はやみねかおるが語る楽しく生きるためのコツ

617号 2024/1/1

「この人はウォルト・ディズニーだ」はやみねかおるインタビュー体験記【全文公開】

617号 2024/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…