不登校新聞

554号 2021/5/15

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

2021年05月14日 11:27 by kito-shin
2021年05月14日 11:27 by kito-shin


パンフレットの表紙

 千葉県教育委員会は2021年3月、不登校児童生徒および保護者に向けたパンフレット「不登校児童生徒・保護者のためのサポートガイド~よりそい ささえ合う 子どもの未来」を作成した。不登校になった際の相談先について、児童生徒や保護者が安心して相談機関につながることができるように、行政と民間双方の相談先を一覧にして掲載している。

 パンフレットには県内の市町村が設置している教育支援センターが64カ所、フリースクールなどの民間団体が35カ所、不登校の親の会が13カ所掲載されているほか、関連機関として、児童相談所や地域若者サポートステーション(15歳から49歳までの無業者対象)なども掲載されている。

 パンフレットでは「千葉県子どもと親のサポートセンター」(電話/0120・415・446)についても紹介している。同センターでは教育相談事業として、不登校などについて電話・FAX・メール・来所などで相談を受けつけているほか、中高生を対象としたSNSでの相談事業にも取り組んでいる。また、2018年度には「不登校児童生徒支援チーム」を設置するなど、学校に対する支援などにもあたっている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…