不登校新聞

556号 2021/6/15

50カ所の「居場所」を追ったルポ。「居場所」とは何かを問う1冊

2021年06月15日 17:36 by kito-shin
2021年06月15日 17:36 by kito-shin

 本書は「居場所」をテーマに、難民、多文化、性的少数者など、さまざまな社会問題の支援に関わる人やその当事者が集まる50カ所の「居場所」を取材したルポルタージュ。

 不登校やひきこもりなど、子ども若者に関する「居場所」も取りあげられており、神奈川県立田奈高校の図書室で開かれている「ぴっかりカフェ」もその一つ。地元で活動するNPO法人「パノラマ」が運営する「居場所」として週に1度、お昼と放課後に生徒たちがやってきて、無料のジュースを片手に思い思いの時間をすごすことができます。同団体代表理事の石井正宏さんによれば、学校内にカフェ形式の「居場所」をつくる動きは2012年に大阪市で始まり、現在では新潟や静岡など数十カ所あるとのこと。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…