不登校新聞

557号 2021/7/1

わが子に話しかけても返事がない。親の悩みに経験者が語った言葉

2021年07月01日 16:50 by kito-shin


加嶋文哉さん

連載「親の失敗談から見えること」vol.7

 中学生のときに不登校をしたAさんの息子さんは、通信制高校に進学しました。Aさんが困っているのは、子どもと会話ができないことです。
 話しかけても、首を縦に振るか横に振るかで返事をします。もう2年くらい子どもの声を聞いていないと言うのです。

 相談機関に行くと「返事をする必要のない声かけをしてください」とアドバイスされました。「ご飯食べるよ、お風呂沸いたよ、今から出かけるけど〇時ごろ帰るからね」といった具合です。Aさんは「とにかく子どもと会話をしたいです。同じ家に住んでいて、声が聞けないなんて悲しすぎます」と例会で思いを打ち明けました。

 Bさんが「よくわかりますよ」とうなずきました。「うちの娘も、私たちが話しかけても返事をしてくれなかったです。声が出なくなったのかと思ったくらいです。でも、ネットゲームの人とはチャットで話します。それも、敬語で。笑ったりもしていました。それなのに、私たち親とはメールか筆談でした。言いたいことがあったら、家に居るのにメールで伝えたり、紙に書いてテーブルに置いたり。まあ、ほかの人とは会話ができているからいいかなあと思っていました」と笑顔で話しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームばかりで昼夜逆転の子ども。支援者が語る寄り添い方

568号 2021/12/15

不登校が思うように「回復しない」。親どうしが交わした言葉とは

566号 2021/11/15

「お兄ちゃんだけ不登校はズルい」兄弟の不登校問題、どうすれば?

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...