不登校新聞

344号(2012.8.15)

居場所を見つける旅 第5回

2013年08月19日 12:37 by kito-shin




新説河童論「カッパの正体は私でした」

 フジロックの裏開催、北海道・定山渓で行なわれた「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会2012 in北海道」に行ってきました。私は2日目最後に開かれる、ミニ講演会以外になんの任務もない自由なポジション。でも長時間じっとしているのが苦手な多動児ですから、講演はあまり聞かず、会場内を徘徊していました。しかしまわりの大人は受付をしたり、本の販売をして働いているでしょ、自分ひとり何もせずうろついているのは気が引けます。外でも散策しようと、ロビーにあった定山渓観光パンフレットを手に取りました。表紙にかわいい河童のイラストと「来てみて、ヨカッパネ」の文字。定山渓は河童伝説発祥の地と書いてある。河童に会いたい。

 すべてのひきこもりが河童だと思ってもらいたい。ストレスで心と毛根にダメージを受けたひきこもり中年男子が川で仲間がくるのを待っている。 キュウリに味噌をつけて食べるのが好き、子どもと相撲をするのが好き、日本酒(黄桜)が好き、スイミングスクールに通っていたから泳ぎが得意。あとちょっ と肌の色が緑だったなら、私も君も河童でしょ。ずっとひきこもっていると、ホームレスになるんじゃない、河童になります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...