不登校新聞

558号 2021/7/15

子どもたちに届けたい言葉がある。不登校だった17歳の自分との対話

2021年07月14日 15:24 by kito-shin

 20年前、当時17歳で不登校だった自分と、現在の自分との対話を通じ、今を生きる子どもたちに言葉を届けたいとの思いを込めて出版された南雲明彦さんの新著『この自分で、どう生きるか』をご紹介します。不登校とひきこもりを経験し、21歳で「ディスレクシア」(読み書き障害)と判明した南雲明彦さんが子ども、そして大人に届けたいメッセージとは。

*  *  *

 南雲明彦さんは、17歳のときに不登校、ひきこもり、精神科病院への入院などを経験しています。21歳のときには「ディスレクシア」(読み書き障害)であることが判明します。これは「学習障害」のひとつで「文字がゆがんだり、にじんだり見える」「枠内に文字を書くのが苦手」などの特徴があります。

「今でも、胸に引っかかっているのは、17歳の時のことだ。大人になっても、この時期のことはよく考える」と語る南雲さんが「子どもでもない大人でもない時期を生きる子どもたちに言葉を届けたい」との思いで書いたのが今回紹介する書籍です。

本書は「17歳の自分」と「現在の自分」の対話というかたちになっていることに最大の特徴があります。当時17歳だった南雲さんが何を考え、現在の南雲さんはそれにどう答えるのかという双方向のやりとりで進みます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

当事者の声を聴き続けて20年、ひきこもり支援とは何かを問う1冊

578号 2022/5/15

7人による不登校インタビュー事例集出来、経験者・親・支援者が語る不登校

577号 2022/5/1

発達障害の当事者22人が語る生きづらさの本音をまとめた1冊

576号 2022/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...