不登校新聞

559号 2021/8/1

つらくても学校へ行くのはえらいの? 私の本音は「行きたくない」

2021年07月29日 17:03 by kito-shin


イメージ画像

 小・中・高といじめを受け、専門学校に入ったものの「これまでで一番ひどい」といういじめを受けているSさん。罵声を浴びせられながらも、学校を「休めない」という本人の心境を書いてくれました。(企画立案/子ども若者編集部・さゆり)

* * *

 今回は、学校で苦しい思いをしたものの「不登校はできなかった」と語る2名の体験談を掲載します。学校へ通い続ける日々と学校へ行きたくない気持ちのあいだで揺れた率直な胸のうちを書いていただきました。

私は小学生のころからずっといじめを受けてきました。「死にたい」「消えたい」と思ったことも1度や2度ではありません。それでも休むことなく、小中高と学校へ行き続けました。現在は専門学校に通っているのですが、そこでもいじめがあり、しかもこれまでで一番ひどい状況です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を機に「自分が嫌いになった」17歳がぶつかった理想と現実

562号 2021/9/15

自分の性別にずっと違和感が。性同一性障害に出会うまで

561号 2021/9/1

23歳で高校を卒業した僕。社会の学歴の「当たり前」に感じた疑問

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...