不登校新聞

559号 2021/8/1

高認について知っておきたい6つのポイント

2021年07月29日 17:01 by kito-shin

連載「不登校からの勉強のススメ」第4回

 「高等学校卒業程度認定試験」(以下、高認)という制度があるのをご存じでしょうか。8月と11月に年2回実施されている試験で、受験科目は6教科14科目からなります。その「高認」について、親御さんとして知っておいていただきたいことがいくつかあります。「キズキ共育塾」で学びなおしの支援に携わっておられる半村進さんが「高認で知っておくべき6カ条」について解説します。(冒頭の写真はイメージ写真です)

* * *

不登校のお子さんを持つ親御さんのなかには「高等学校卒業程度認定試験」(以下、高認)が気になっている方も多いと思います。とても便利な試験なのですが、注意すべき点や意外な点も多いので、今回は「高認」についてお話したいと思います。

 1つめは「出願時期に気をつけよう」ということ。高認は8月と11月の年2回受験できるのですが、8月の試験を受ける場合は5月上旬までに、11月の試験を受ける場合は、例年8月前半(今年は9月前半まで申し込み可)までに申し込みをすませておかなければいけませんので注意が必要です。

 2つめは「高校に在籍していても高認は受験できる」ということ。意外にこの点を知らない方が多いです。じつは高校に籍を置いているお子さんでも、「ひょっとしたら高校を卒業できないかも」と思ったら、とりあえず高認に出願をしておくという手も使えます。

選択科目で迷ったら「A」

 3つめは「どの科目を選ぶか」ということ。
 高認は6教科14科目からなり、必修科目と選択科目があります。とくに選択科目は幅が広く、社会や理科で何を選べばいいのか迷ってしまう方も多いことでしょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「勉強だけが特別ではない」学び直しのプロが伝えたいこと

561号 2021/9/1

不登校から大学進学を目指す際、知っておきたい5つのポイント

560号 2021/8/15

不登校の子が勉強を再開するとき、間違えてしまう目標の据え方とは

558号 2021/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...