不登校新聞

559号 2021/8/1

「辞めればいいと簡単に言わないで」自身で選んだ高校で不登校になり

2021年07月29日 16:59 by kito-shin

連載「親の失敗談から見えること」vol.8

 辞めればいいとか、かんたんに言わないで――。中学3年間不登校した後、高校に進学した娘がふたたび学校を休み始めた際、親が「学校を辞めるのも一つの道よ」と言った言葉に返ってきた返事です。娘が希望する進学先とはいえ、無理をさせたくないという親の思いから出た言葉ですが、では、親としてどうすればよいのか。かつて、わが子の不登校に悩み、その経験をもとに「不登校の親の会」を30年近く主宰してきた加嶋文哉さんがほかの家庭の実例をふまえて解説します(冒頭の写真はイメージ写真です)。

* * *

 中学の3年間をほとんど不登校ですごしたAさんの娘さん。好きな部活動がある私立高校に進学し、友だちもでき、よい先生にも出会い、生き生きと学校生活を送っていました。

 ところが、2学期になって腹痛を訴えて学校を休み始めました。最初は車で送ったりしましたが、無理をさせることに意味がないように思えました。「そんなにつらいなら、学校を辞めるのもひとつの道よ。自分に合ったところをまた見つければいいじゃない」と、娘さんに伝えました。すると、「そんなかんたんなことじゃない。私はこの学校に通いたくてがんばっているのに『辞めればいい』とか、かんたんに言わないで」と泣き出したそうなんです。Aさんはどうしたらよいのかわからなくなり、例会に参加してくれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームばかりで昼夜逆転の子ども。支援者が語る寄り添い方

568号 2021/12/15

不登校が思うように「回復しない」。親どうしが交わした言葉とは

566号 2021/11/15

「お兄ちゃんだけ不登校はズルい」兄弟の不登校問題、どうすれば?

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...