不登校新聞

344号(2012.8.15)

【論説】「子どもにとって学校は戦場 学校の相対化急務」

2013年07月19日 17:00 by kito-shin


 1945年8月15日。何百万人もの生命を奪った戦争が終わった。国民を無謀な戦争に駆り立てることを可能にしたのは、国家による教育支配の力が大きかった。
 それを反省し、新生日本を築こうと、日本国憲法、教育基本法が制定され、戦後の新教育が始まった。それは、平和と基本的人権を尊重する、つまるところ、一人ひとりの生命を大切に考える教育だった。

 2012年8月15日。終戦から67年経った今日、被爆国日本が、自らつくった原子力発電所からの被曝におびえながら暮らし、学校では、いじめが広がり、子ども自らがそのつらさにたえかねて自殺している。武器を持たない、陰湿な、有形・無形の攻撃が、ある子に対して集中する。もっとも安全で、安心して育ち、個性が花開くはずの学校で、成長途上の子どもが、生命を自ら断つ、という事態の深刻さに、私たちはおののく。子どもにとって、学校は戦場なのだ。その戦場に赴かないとならないのだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。