不登校新聞

344号(2012.8.15)

【論説】「子どもにとって学校は戦場 学校の相対化急務」

2013年07月19日 17:00 by kito-shin


 1945年8月15日。何百万人もの生命を奪った戦争が終わった。国民を無謀な戦争に駆り立てることを可能にしたのは、国家による教育支配の力が大きかった。
 それを反省し、新生日本を築こうと、日本国憲法、教育基本法が制定され、戦後の新教育が始まった。それは、平和と基本的人権を尊重する、つまるところ、一人ひとりの生命を大切に考える教育だった。

 2012年8月15日。終戦から67年経った今日、被爆国日本が、自らつくった原子力発電所からの被曝におびえながら暮らし、学校では、いじめが広がり、子ども自らがそのつらさにたえかねて自殺している。武器を持たない、陰湿な、有形・無形の攻撃が、ある子に対して集中する。もっとも安全で、安心して育ち、個性が花開くはずの学校で、成長途上の子どもが、生命を自ら断つ、という事態の深刻さに、私たちはおののく。子どもにとって、学校は戦場なのだ。その戦場に赴かないとならないのだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

524号 2020/2/15

外出できる「ひきこもり」は9割、議論されない問題の核心

523号 2020/2/1

学校教育って何? 「教育」の逆転【論説】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...