不登校新聞

344号(2012.8.15)

声「初めてのシンポジスト」

2015年02月17日 20:41 by kito-shin


 北海道で行われた全国合宿の子ども若者シンポジウムで「中期的な目標は、いままでどおり、ひきこもることです」と、発言した、鬼頭です。

 あの日、初めてシンポジストというものを体験しました。これまでにないほど緊張しました。自分の話をする番が来て、話し終えて、はぁー終わったー、と思っても、次の質問はあるし、目の前は人の海で……。

 帰りのバスまでの2日間、たくさんの方に声をかけてもらって、びっくりしました。

 基本的にひきこもりで、人と話すのに慣れていないので、とりあえず笑って答えるしかできませんでした。3年前から『Fonte』に参加するようになって、人の顔や話した内容は覚えているけど、名前を覚えられないことに、気づきました。声をかけてくれた方、ごめんなさい。名前は記憶の半分くらいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...