不登校新聞

344号(2012.8.15)

声「初めてのシンポジスト」

2015年02月17日 20:41 by kito-shin


 北海道で行われた全国合宿の子ども若者シンポジウムで「中期的な目標は、いままでどおり、ひきこもることです」と、発言した、鬼頭です。

 あの日、初めてシンポジストというものを体験しました。これまでにないほど緊張しました。自分の話をする番が来て、話し終えて、はぁー終わったー、と思っても、次の質問はあるし、目の前は人の海で……。

 帰りのバスまでの2日間、たくさんの方に声をかけてもらって、びっくりしました。

 基本的にひきこもりで、人と話すのに慣れていないので、とりあえず笑って答えるしかできませんでした。3年前から『Fonte』に参加するようになって、人の顔や話した内容は覚えているけど、名前を覚えられないことに、気づきました。声をかけてくれた方、ごめんなさい。名前は記憶の半分くらいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...