不登校新聞

295号(2010.8.1)

国連「総括所見」 平野裕二

2013年10月30日 15:49 by nakajima_



 今回の所見では、これまで日本の審査で十分に焦点が当てられなかった貧困や格差の問題、子どもの情緒的・心理的ウェルビーイング(幸福・安寧)などについて新たに取り上げられたほか、障害児教育や少年司法に関して前回よりも詳細・具体的な勧告が行なわれた。ADHD(注意欠陥・多動性障害)への医学的アプローチ偏重を戒めた点なども評価できる。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ問題の専門家が考える いじめ解決のポイントは?

489号 2018/9/1

「中動態の世界」から見た不登校 意志という幻想が奪った言葉

488号 2018/8/15

なぜ学校へ行けない子がいるのか、その根本に広がる社会的錯覚

485号 2018/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...