不登校新聞

295号(2010.8.1)

国連「総括所見」 平野裕二

2013年10月30日 15:49 by nakajima_



 今回の所見では、これまで日本の審査で十分に焦点が当てられなかった貧困や格差の問題、子どもの情緒的・心理的ウェルビーイング(幸福・安寧)などについて新たに取り上げられたほか、障害児教育や少年司法に関して前回よりも詳細・具体的な勧告が行なわれた。ADHD(注意欠陥・多動性障害)への医学的アプローチ偏重を戒めた点なども評価できる。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

197号(2006.7.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【三重県津市】

198号(2006.7.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...