不登校新聞

561号 2021/9/1

誰にも否定されず、落ち着ける「安心できる居場所」がなぜ必要か

2021年08月31日 16:32 by kito-shin


イメージ画像

連載「居場所の現在地」最終回

 一般社団法人ひきこもりUX会議共同代表の林恭子さんは、不登校・ひきこもりの経験者です。当時、「こんなダメな人間は自分だけだ」「こんなことをしている人は世界で自分しかいないのではないか」と思い詰めていたと語ります。

 現在、全国で居場所を開催する活動をしている林さんに、生きづらさを抱える当事者が安心と希望を感じるのために何が必要か、コラムを執筆していただきました。

* * *

 ひきこもりや生きづらさを抱える人の居場所についてのリレーエッセイ「居場所の現在地」も最終回となりました。ひきこもりUX会議(以下、UX会議)のメンバーが、それぞれの活動から見えてきた、また感じている居場所について、つづってきました。コロナ禍でオンラインで開催する居場所ができたこと、でもやっぱりリアルで会いたいと思うこと、「アジール」(避難所)としてのゴールデン街の話、そして、居場所に大切な風通しのよさについて。

 みなさんは、居場所と聞いたとき、どのようなイメージを持たれるでしょうか? 今あなたに居場所はありますか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

居場所に大切なのは、「風通しのよさ」だと思う

560号 2021/8/15

居場所がない奴ぁ俺んとこへ来い 俺もないけど心配すんな

559号 2021/8/1

ひきこもり当事者の居場所。対面での開催にこだわり続ける理由

558号 2021/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...

559号 2021/8/1

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から...