不登校新聞

561号 2021/9/1

「死にたい」と相談できずが8割、不登校経験者の声から見える本音

2021年09月22日 11:36 by kito-shin


イメージ画像

前編はこちらのリンクへ

 では、つらい気持ちを誰かに相談したことはあるか否か、なぜ相談したのか、逆になぜ相談しなかったのかについてみていきます。

 「死にたい・消えたい」という気持ちになったとき、誰かに相談したか否かについてたずねました。「相談した」(3人/17・6%)、「相談しなかった」(14人/82・4%)という結果になり、回答者の多くが相談していないことがわかります。

迷惑をかけず、自分ひとりで

 では、「相談しなかった」理由(複数回答)とは何か。最多の回答は「誰(どこ)に相談してよいかわからなかったから」(9人/64・3%)でした。ついで多かったのは「私の気持ちを理解してくれそうにないから」(7人/50・0%)であり、以下▼「私の話をきちんと聞いてくれそうにないから」「誰かに迷惑をかけたくないから」(ともに6人/42・9%)▼「自分ひとりで解決しなければいけないと考えていたから」(4人/28・6%)とつづきます。

 「誰(どこ)に相談してよいかわからなかったから」という理由がもっとも多かったことは大きな問題です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...