不登校新聞

561号 2021/9/1

「死にたい」と相談できずが8割、不登校経験者の声から見える本音

2021年09月22日 11:36 by kito-shin


イメージ画像

前編はこちらのリンクへ

 では、つらい気持ちを誰かに相談したことはあるか否か、なぜ相談したのか、逆になぜ相談しなかったのかについてみていきます。

 「死にたい・消えたい」という気持ちになったとき、誰かに相談したか否かについてたずねました。「相談した」(3人/17・6%)、「相談しなかった」(14人/82・4%)という結果になり、回答者の多くが相談していないことがわかります。

迷惑をかけず、自分ひとりで

 では、「相談しなかった」理由(複数回答)とは何か。最多の回答は「誰(どこ)に相談してよいかわからなかったから」(9人/64・3%)でした。ついで多かったのは「私の気持ちを理解してくれそうにないから」(7人/50・0%)であり、以下▼「私の話をきちんと聞いてくれそうにないから」「誰かに迷惑をかけたくないから」(ともに6人/42・9%)▼「自分ひとりで解決しなければいけないと考えていたから」(4人/28・6%)とつづきます。

 「誰(どこ)に相談してよいかわからなかったから」という理由がもっとも多かったことは大きな問題です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数が3年連続で過去最多を更新【文科省速報】

562号 2021/9/15

不登校新聞からの緊急アピール 「行きたくない」は命のSOS

561号 2021/9/1

「死にたい」「消えたい」と思う瞬間の子どもの胸の内とは

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...

559号 2021/8/1

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から...