不登校新聞

562号 2021/9/15

子の不登校でどん底だった私が11年経って今、心から思うこと

2021年09月15日 17:00 by kito-shin

 新連載「不登校は幸せへの道」を掲載します。「私は最悪な母親でしたが、不登校になった息子のおかげで今は一番幸せです」と語る後藤誠子さん。そう思えるようになるまでの軌跡を書いていただきます。

* * *

 私が「不登校・ひきこもりの子を持つ母親」という看板をかかげて活動を始めてから、もう3年が経とうとしている。今、行なっている活動は本当にさまざまだ。ブログを書く、ラジオ番組をつくる、イベントを開催する、不登校・ひきこもりの親からの相談を受ける、親の会の運営、誰でも来られる居場所の運営、不登校・ひきこもり関連の講演などなど。

 しかし、次男が不登校になったばかりのころの私は、まさかそんな日が訪れるとは夢にも思っていなかった。学校へ行かないなんてありえない。次男の人生はもう終わってしまった。なぜ自分だけがこんなひどい目にあうのだろう、自分が一体何をしたというのだろうと、そればかり思い、挙句の果てには次男を殺して自分も死のうと何度も考えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子が専門学校へ「やっと終わった」と思った母の本音

570号 2022/1/15

飛び跳ねるほどうれしかった、不登校の息子からの言葉

569号 2022/1/1

見たかったのは息子の笑顔。それを奪っていたのは私のこんな対応でした

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...