不登校新聞

562号 2021/9/15

「不登校だったからムリでしょ」と思う進路希望に付き合う方法

2021年09月15日 16:58 by kito-shin
2021年09月15日 16:58 by kito-shin

 学校からの志望校調査に子ども本人は「公立の全日制高校へ行きたい」と言っており悩んでいます。ある日の親の会で高校進学に関する話題が持ち上がりました。そのお子さんは現在中学3年生ですが、中学2年生の5月から不登校をしていて、定期テストは受けておらず、課題も提出していないなかでの子どもの訴えに悩む親に、不登校の親の先輩である2人の親が「わが家の場合」を語り始めました。わが子が自分で決めたことを親としてどう考え、支えればよいのか。不登校の親の会を約30年続けてきた加嶋文哉さんのコラムです(画像はイメージです)。

連載「親の失敗談から見えること」vol.9

* * *

Aさんの息子さんは、中学3年生で不登校中。先日の例会で、受験勉強の悩みを話してくれました。

 学校から志望校の調査が来たので、子どもにたずねたところ、「公立の全日制高校を受験するつもり」と言いました。しかし、中学2年生の5月から不登校をしているので、Aさんは無理だろうと思いました。3年生になってからはほとんど登校していないし、定期テストは受けていないし、課題も出していないので、内申点でも不利です。「公立の全日制高校に合格をするためには、今から勉強を始めないと間に合わないのに、教科書を開こうともしません。親が言ってもしないし、言わないともっと勉強しません。どうしたらよいのでしょうか」と困っていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームばかりで昼夜逆転の子ども。支援者が語る寄り添い方

568号 2021/12/15

不登校が思うように「回復しない」。親どうしが交わした言葉とは

566号 2021/11/15

「お兄ちゃんだけ不登校はズルい」兄弟の不登校問題、どうすれば?

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…