不登校新聞

563号 2021/10/1

その後の不登校につながった「わが子の異変」とは

2021年09月30日 10:37 by kito-shin

 「何してんの? 早く起きなさいよ!」。登校時間が迫っても部屋から出てこない次男にイライラして何度も怒鳴った。次男は起きてこない。さすがに遅刻すると思った私は階段を駆け上がり、ノックもせずにドアを開けた。

 気温30度にせまろうとする暑さのなか、次男はタオルケットを頭までかぶってちぢこまっていた。「こら、こら、起きなさいよ。遅刻するよ」。キンキンした私の声を聞きたくないのか、次男は腕で頭までをおおってしまう。その腕にふれておどろいた。ものすごく力が入っていたのだ。なんとしても動くまいとしているかのように。

 そのとき私が感じていたのは気持ち悪さだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子が専門学校へ「やっと終わった」と思った母の本音

570号 2022/1/15

飛び跳ねるほどうれしかった、不登校の息子からの言葉

569号 2022/1/1

見たかったのは息子の笑顔。それを奪っていたのは私のこんな対応でした

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...