不登校新聞

563号 2021/10/1

小学生のいじめが減少傾向に。国立教育政策研究所

2021年09月30日 10:33 by kito-shin

 国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター(以下、センター)がまとめた「いじめ追跡調査2016―2018」によると、仲間はずれ・無視・陰口など「暴力を伴わないいじめ」の被害経験がある小学生は80%、加害経験がある小学生は69%であることがわかった。6年前の前回調査(いじめ追跡調査2010―2012)と比べて被害経験で7%、加害経験で17%減少している。

中学生の割合ほぼ横ばい

 中学生については「被害経験あり」が68%(前回比3%減)、「加害経験あり」が64%(前回比8%減)だった。センターではいじめの被害・加害について「小学生は減少傾向、中学生はほぼ横ばい」と分析している。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...