不登校新聞

563号 2021/10/1

小学生のいじめが減少傾向に。国立教育政策研究所

2021年09月30日 10:33 by kito-shin
2021年09月30日 10:33 by kito-shin

 国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター(以下、センター)がまとめた「いじめ追跡調査2016―2018」によると、仲間はずれ・無視・陰口など「暴力を伴わないいじめ」の被害経験がある小学生は80%、加害経験がある小学生は69%であることがわかった。6年前の前回調査(いじめ追跡調査2010―2012)と比べて被害経験で7%、加害経験で17%減少している。

中学生の割合ほぼ横ばい

 中学生については「被害経験あり」が68%(前回比3%減)、「加害経験あり」が64%(前回比8%減)だった。センターではいじめの被害・加害について「小学生は減少傾向、中学生はほぼ横ばい」と分析している。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…