不登校新聞

564号 2021/10/15

「だましたな、嘘ばかりだ」息子が叫ぶきっかけになった学校の対応

2021年10月14日 17:09 by kito-shin

 あの夏から、私はいろいろなものと戦い始めた。まずは、学校へ行けなくなった次男との戦い。

 朝は体力勝負。私より身体の大きい次男を力ずくでベッドから立たせようと必死だった。かたや次男、立たされまいと抵抗し、それでも私があきらめないとわかると今度は身体中の力を抜く作戦に変更。腕も足もぐにゃぐにゃになって、約70キロの体重が私の身体にのしかかってくる。人間ってこんなに重いんだなとヘンなところで感心する。その間、次男は終始無言、無表情。私だけが声をからして叫んでいた。

 「起きなさいよ、学校行かないと」。

 「頼むから学校行ってよ!」。

 夜は夜で静かな戦い。夕食を食べに部屋から出てきた次男に、さまざまな言葉で学校へ行くよう説得を試みた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

その後の不登校につながった「わが子の異変」とは

563号 2021/10/1

子の不登校でどん底だった私が11年経って今、心から思うこと

562号 2021/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...