不登校新聞

564号 2021/10/15

「だましたな、嘘ばかりだ」息子が叫ぶきっかけになった学校の対応

2021年10月14日 17:09 by kito-shin

 あの夏から、私はいろいろなものと戦い始めた。まずは、学校へ行けなくなった次男との戦い。

 朝は体力勝負。私より身体の大きい次男を力ずくでベッドから立たせようと必死だった。かたや次男、立たされまいと抵抗し、それでも私があきらめないとわかると今度は身体中の力を抜く作戦に変更。腕も足もぐにゃぐにゃになって、約70キロの体重が私の身体にのしかかってくる。人間ってこんなに重いんだなとヘンなところで感心する。その間、次男は終始無言、無表情。私だけが声をからして叫んでいた。

 「起きなさいよ、学校行かないと」。

 「頼むから学校行ってよ!」。

 夜は夜で静かな戦い。夕食を食べに部屋から出てきた次男に、さまざまな言葉で学校へ行くよう説得を試みた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子が専門学校へ「やっと終わった」と思った母の本音

570号 2022/1/15

飛び跳ねるほどうれしかった、不登校の息子からの言葉

569号 2022/1/1

見たかったのは息子の笑顔。それを奪っていたのは私のこんな対応でした

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...