不登校新聞

566号 2021/11/15

うつ病には日光浴が効果的だけど注意してほしい当事者への配慮

2021年11月12日 11:13 by kito-shin

 「部屋のカーテンは勝手に開けないで」と願っていたuniさん(28歳)。小1から不登校が始まり、「光のない部屋」が唯一の安らぎだったという。

* * *

 「うつ病には日光浴が効果的だ」という説をよく耳にする。日光を浴びると、うつ病に効能があるセロトニンが分泌され、予防や改善につながるそうだ。たしかに医学的にはよいのかもしれない。でも、言葉どおりにそれを受け取って周囲が対応することには安易に賛成できない自分がいる。そこには不登校当時の私自身の経験が関係している。

 私は小学生1年生のころから10年間ほど不登校を経験した。長年の不登校経験のなかで、うつ病にも苦しんできた。そんな私に対して両親がつねに心配していたことがある。それは生活習慣だった。とくに「日光を浴びない生活は心身の健康を損ねる」という理由から不登校になっても規則正しい生活を送ることが、わが家の絶対条件であった。

 両親としては私の心身の健康が損なわれたり、将来に支障が出てしまったりすることを心配したのだろう。「早く寝なさい」「健康によくないからなるべく日光に当たりなさい」「身体は鍛えておいたほうがよいから運動しなさい」と、ことあるごとに口酸っぱく言われ続けた。

 ところが、困ったことに私のうつ症状は悪化するばかりだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

社会人で経験した挫折。救いになったのは不登校だったときの自分

566号 2021/11/15

不登校の原因、本人と学校で回答に差がある現状を問い直したい

565号 2021/11/1

勉強を無理強いせず、本人の自信につながるサポートを目指して

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...