不登校新聞

566号 2021/11/15

不登校理由はいじめが最下位?教員と本人間で開く認識差

2021年11月12日 11:15 by shiko
2021年11月12日 11:15 by shiko

 文部科学省は10月6日、不登校を経験した小・中学生に行なった「不登校児童生徒の実態調査」の結果を公表。調査によって「不登校のきっかけ」などは学校側と本人のあいだに認識差があることがわかった。

* * *

 調査対象者は2019年度に不登校だった小学6年生と中学2年生の計2016人。調査時期は2020年12月。「学校へ行きづらいと感じ始めたきっかけ」(複数回答)について聞いたところ、小学生の回答でもっとも多かったのが「先生のこと」(29・7%)。中学生では「身体の不調」(32・6%)がもっとも多く、「先生のこと」(27・5%)は3番目に多い回答だった。

 一方、本人に直接に聞いた調査ではなく、学校が児童生徒の「不登校の要因」を回答した調査も文科省が公表(※1)。

 調査によれば、不登校の要因として「教職員との関係をめぐる問題」を選んだのは小学校で4・4%、中学校で2・3%にとどまった(※2)。認識に開きが見られたのは「いじめ」も同様。本人への調査では、不登校のきっかけとして「いじめや嫌がらせがあった」と回答したのは小学生で25・2%、中学生で25・5%。一方、学校が回答した調査では「いじめ」が不登校の要因になった者は、0・5%。全14項目中で最下位だった。

 文科省は両調査は単純に比較できるものではないと指摘したうえで「認識差は大きく、学校現場では不登校をした本人の実感を知ってもらえれば」との見解を示した。不登校経験者への調査ではこのほか「不登校中の気持ち」や「学校に戻りやすいと思う対応」なども聞いている。(編集長・石井志昂)

※注1・児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査/※注2・3つまで選択可能な複数回答


実態調査のおもな回答結果(※編集部作成図)

■行きづらいと感じ始めたきっかけ

・小学生
先生のこと    29.7%
身体の不調    26.5%
生活リズムの乱れ 25.7%

・中学生
身体の不調    32.6%
勉強がわからない 27.6%
先生のこと    27.5%

■不登校中の気持ち

・小学生
ほっとした気持ち  69.7%
自由時間が増えた  65.9%
勉強の遅れへの不安 63.8%

・中学生
勉強の遅れへの不安 74.2%
ほっとした気持ち  69.2%
進路に対する不安  69.2%

■学校に戻りやすいと思う対応

・小学生
とくになし     57.1%
友だちからの声かけ 17.1%

・中学生
とくになし 54.4%
友だちからの声かけ 20.7%

■相談相手は誰だったか

・小学生
家族      53.4%
相談しなかった 35.9%

・中学生
家族      45.0%
相談しなかった 41.7%

 

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…