不登校新聞

344号(2012.8.15)

不登校の歴史 第344回

2013年08月19日 12:18 by kito-shin



休みをすすめる学校 

 「いじめ自殺」について、四半世紀前から一貫して私たちが提案してきたことは、「学校を休む」「学校へ行かない」ということだった。それがなかなかできない。「子どもは学校へ行くもの」という社会通念と、「毎日きちんと登校してくれないと困るし不安だ」という親の思い、「欠席が多い子どもは問題があるこども」という学校の認識が、十重二十重に子どもを取りまいているのだから無理もない。


 社会通念と親の学校信仰は、本紙でくりかえし述べられてきているので、ここでは学校の「休み」について取りあげたい。

 学校関係者にとって、「子どもが休むということ」は、なぜかくも認めがたいのか。

 先に整理しておくと、日本政府が批准している「国連子どもの権利条約」には、休息の権利がはっきり謳われている。また、憲法や教育基本法の位置づけでも、小中学校教育は子どもにとって権利であって義務ではない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...