不登校新聞

568号 2021/12/15

不登校は問題でないが未然防止が重要っておかしくないですか?

2021年12月14日 10:35 by kito-shin

 「不登校は問題行動ではない」と言いつつ、学校現場では「不登校の未然防止」という視点に立った不登校対応が進められている。不登校は問題ではないが未然防止の対象とするまなざしは矛盾していないだろうか。本紙記者が直近に開かれた専門者会議に参加して感じた違和感をふりかえる(※画像はイメージです)。

* * *

11月25日、「不登校に関する調査研究協力者会議」(以下、協力者会議)の第2回会議が開催された。文科省担当者による令和2年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」の説明に続いて、京都市および鳥取県における不登校対策の現状と課題について、両教育委員会の担当者から報告があった。

 京都市からは「クラスマネジメントシート」という取り組みが紹介された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校19万人超 不登校新聞編集長が提言する学校改革の道筋は

567号 2021/12/1

学校行きたくないが4割 調査で小中高生の今のつらさが明らかに

567号 2021/12/1

不登校理由はいじめが最下位?教員と本人間で開く認識差

566号 2021/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

571号 2022/2/1

「不登校の子を持つ、親御さんの味方でありたい」と語る土橋優平さん(NPO法...

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...