不登校新聞

344号(2012.8.15)

千葉・ネモ全県合宿開催

2013年07月19日 17:03 by kito-shin



「ネモネット全県交流合宿 2012秋in御宿」講師に内田良子さん


 10月6日(土)~7日、千葉県御宿町にて「ネモネット全県交流合宿2012秋in宿」が開催される。主催は「ネモちば不登校・ひきこもりネットワーク」(以下、ネモネット)。

 合宿初日の大人プログラムでは、2つの講演会が予定されている。「不登校・ひきこもり~~生き辛さとともに生きる知恵~」では、心理カウンセラーの内田良子さんが講師として登壇。不登校はもちろん、高齢化するひきこもりの問題について、参加者とともに掘り下げる。もう一つの講演会「子どもの見方を変えて、味方になる」では、ネモネット理事長の前北海さんが登壇。

 前北さんは中学1年生のときに不登校。きっかけは学校特有のルールに疑問を感じたことがきっかけだった。「不登校をしたことで、自分について悩む時間を奪われなかったのがよかった。10円玉は裏で使っても、表で使っても10円の価値がある。『自分は自分なんだ』という真理を手にいれたように思う」と語る。

 初日の夜には、内田さんを囲んでの相談会があるほか、子どもプログラムでは、花火大会、体育館遊び、カードゲーム大会などが予定されている。詳細は上記を参照のうえ、ネモネットまでお問い合わせを。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。