不登校新聞

570号 2022/1/15

ひきこもりに20年関わってきた当事者が語るひきこもりの真実

2022年01月12日 11:50 by kito-shin
2022年01月12日 11:50 by kito-shin

 10代で不登校を経験し、30代まで断続的にひきこもりをくりかえしてきた経験を持つ林恭子さんが初となる自著を出版しました。不登校やひきこもりだった当時のこと、母親との確執などといった自身の半生に加え、ひきこもり1686人に行なった実態調査も紹介。そんな林さんが提言する、ひきこもりの子どもを持つ親にしてほしいことが読める1冊を紹介します(※写真は林恭子さん)。

* * *

 本書の著者である林恭子さんは不登校・ひきこもりの経験者。現在は一般社団法人ひきこもりUX会議代表理事や東京都ひきこもりに係る支援協議会委員を務めています。

 このように書くと、たいへんだった過去を乗り越えて、現在は精力的に活動している「成功例」のように思われるかもしれませんが、そうではありません。林さんの半生を読んでいると、今日にいたるまでの道のりがいかに綱渡りのような状態であったかがうかがえます。

 わが子のひきこもりで今悩んでいる親御さんには5章「家族にどうしてほしいのか」を、ぜひ読んでいただきたいと思います。親の悩みの1つに「どのように声がけをしたらよいか」というものがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親がするべきは「子どもを信じること」と断言する医師が解説する育児の具体的な方法

596号 2023/2/15

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

595号 2023/2/1

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…