不登校新聞

570号 2022/1/15

家を居場所にすることで、不登校の子どもが動き出す1歩になる理由

2022年01月16日 16:24 by kito-shin
2022年01月16日 16:24 by kito-shin

 わが家を安心できる居場所にすることが大切――。不登校の子を持つ親御さんのなかにそんなアドバイスをされた経験がある方はいませんか?「なんとなくわかるけど、具体的に親としてどうしたらよいかわからない」と迷っているあなたへ。不登校取材歴15年の記者が、不登校の子どもにとって家を安心できる居場所にする必要性と親にできること・してはいけないことの2点について解説します(※画像はイメージです)。

* * *

 不登校の子どもを持つ親へのアドバイスとして「家庭を安心できる居場所にすることが大切だ」とよく言われます。今回はこのテーマについて考えます。

 そもそも、家庭を安心できる居場所にすることがなぜ大切なのか。その理由を1つ挙げるならば、家庭で得た安心感こそが、進学やアルバイトのみならず、子ども自身が好きなことをするために動き出す最初の一歩の土台になるからです。

 では、安心感の中身とはなんでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「4月から学校へ行くよ」子どもに言われたときに必要な親の準備とは【全文公開】

622号 2024/3/15

「カップ麺ばかり食べていて大丈夫?」不登校の子を持つ親の悩みに栄養士が答えます

622号 2024/3/15

「辞め方を知っておけば怖くない」アルバイトを始める前に知っておきたい5つのコツ

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…