不登校新聞

570号 2022/1/15

家を居場所にすることで、不登校の子どもが動き出す1歩になる理由

2022年01月16日 16:24 by kito-shin
2022年01月16日 16:24 by kito-shin

 わが家を安心できる居場所にすることが大切――。不登校の子を持つ親御さんのなかにそんなアドバイスをされた経験がある方はいませんか?「なんとなくわかるけど、具体的に親としてどうしたらよいかわからない」と迷っているあなたへ。不登校取材歴15年の記者が、不登校の子どもにとって家を安心できる居場所にする必要性と親にできること・してはいけないことの2点について解説します(※画像はイメージです)。

* * *

 不登校の子どもを持つ親へのアドバイスとして「家庭を安心できる居場所にすることが大切だ」とよく言われます。今回はこのテーマについて考えます。

 そもそも、家庭を安心できる居場所にすることがなぜ大切なのか。その理由を1つ挙げるならば、家庭で得た安心感こそが、進学やアルバイトのみならず、子ども自身が好きなことをするために動き出す最初の一歩の土台になるからです。

 では、安心感の中身とはなんでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「信じて待つ」が難しい 経験者と専門家の語りから考える不登校の親の理想的な「待ち方」

595号 2023/2/1

わが子の卒業式に今悩んでいる親へ 親が大事にすべきことが1つあります

594号 2023/1/15

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…