不登校新聞

293号(2010.7.1)

Q&A①「育て方が悪い?」

2013年11月05日 16:28 by kito-shin


Q、学校や夫から「育て方が悪い」と言われ、母親の私が生きるのがつらいです。

 子どもが大人の思い通りに動かないときは、母親が責められることがしばしばあります。学校や、保育園、地域の人、ときには同じ家族のなかからも……。いろいろと責められてしまうお母さんはとてもつらい状態にあることでしょう。いまの日本の社会では「子育ては母親の仕事」だと決めつけているヒトも少なくないかもしれません。

 そんなとき、つらい気持ちをひとりで抱えているとますますつらくなります。お母さん自身のそのつらい状態を素直に吐き出せ、それを聞いてくれる場を見つけるとよいでしょう。つらい気持ちを誰かにきちんと聞いてもらえるだけで、とても気持ちが楽になることがあります。

 各地にある「親の会」は、そんな話もできる場です。親の会ではいろいろな話が出ます。お子さんのことはもちろん、連れ合いとの関係、ご自身の気持ちのありようなどなどです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...