不登校新聞

571号 2022/2/1

「お金あげるから学校行って」不安と恐怖から言ってしまった言葉

2022年01月26日 15:27 by kito-shin

 高校で不登校した息子さんが専門学校に行きはじめ、「これで何もかもうまくいく」と思い込んでいた後藤誠子さん。しかし、息子さんは2度目の不登校になってしまうのです。強い不安と恐怖心から、後藤さんが息子さんに言ってしまった言葉とは(連載「不登校は幸せへの道」第10回)。※写真は後藤誠子さん

* * *

 イヤな予感は当たった。2月初旬、次男から電話が来た。来学期の授業料を全額振り込んだ数日後だった。電話なんてめずらしい、どうしたのだろう。電話の向こうの次男は口が重く、なかなか話し出さない。「どうした? 何か話したいことでもあった?」。「じつは」と次男。12月ぐらいから専門学校へあまり行っていない。今はまったく行っていない、そして、もう二度と行けないと思う。ぽつり、ぽつり、と次男は話した。

 私は頭が真っ白になって、次男が高校生だったときの、あの地獄のような日々がよみがえってきた。「何言ってんの? 楽しそうにしてたじゃん。進級できるって言ってたよね? またなの? もうイヤだよ、あんなこと。ちゃんと学校行くって約束したよね? ねぇ聞いてるの? 学校行ってよ。学校行きなさいよ」。

 次男は何も言わない。私だけが電話に向かってまくし立てていた。次男からの答えはない。ならばとすこし優しく言ってみた。「仕送りもっと増やそうか? バイトなんかしなくてもいいから、とにかく学校行きなよ。あと1年で卒業できるんだから」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の気持ちが初めてわかった日

581号 2022/7/1

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

ボランティアを半年続けられた息子に起きたまさかの出来事

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...