不登校新聞

293号(2010.7.1)

みんなの党回答 参院選10'

2013年11月05日 15:02 by kito-shin
①、②不登校・ひきこもりについての考えと政策(共通回答)

1.引き出し(選択肢)の多い教育を実現する
 教育は現場の市町村、学校現場に任せることを基本とし国の役割は最低限の教育水準の維持にとどめ、それぞれの地域の実情に合わせたユニークな教育を行なう。

2.教育基本法に従って、基礎教育・公教育を充実させる。
①教育の機会均等のためにも、教育基本法にしたがって、公教育の立て直しを充実。

②教員免許制は維持。

③少人数・体験・個性重視の教育を実現。

④手に職を持つ教育、生き抜く教育のため、芸術・文化・スポーツ・武道などを重視。

⑤国際化時代にふさわしい人材を育成するためには英語力の向上が必要であり、学校教育において英語力を図る尺度として、TOEFLなどを使用する。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...