不登校新聞

293号(2010.7.1)

共産党回答 参院選10'

2013年11月05日 15:04 by kito-shin
①不登校についての考えと政策
 今日の競争的で管理的な社会や教育制度のなかで、不登校はどの子にも起こりうるもので、個々の子どもや家庭の責任にすることはまちがいです。不登校の子ども、家庭が切実に必要としていることは、自分を責めずに安心できること、自分を受けいれてくれる人の存在、そして学習権をふくむ基本的人権がきちんと保障されることです。それを可能にする社会環境の整備とともに、社会や教育自体を人間的なものに変えるため努力します。

 「不登校ゼロ」などの数値目標に端的に示される学校復帰を前提とした政策は、子供や家庭を苦しめるだけです。学校だけが唯一の学びの場ではありません。一人ひとりの子どもの学びや人間的な自立の方を優先させ、そのためのさまざまな教育こそが保障されるべきです。私たちは、政府などに学校復帰を前提とした政策の中止を求めます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...