不登校新聞

293号(2010.7.1)

国民新党回答 参院選10'

2013年12月20日 17:30 by kito-shin
2013年12月20日 17:30 by kito-shin
①、②不登校・ひきこもりについての考えと政策(共通回答)

 国民新党の基本的な考え方を述べておきます。わが党は、「小さく弱い立場」の人々の安心な生活をサポートすることが重要だと考えています。そして、「小さく弱い立場」の人々に対しては、国が財政的な支援を行ない、多くのチャンスをつくり出すことで迎えいれ、夢を追いかけられる社会をつくる必要があると考えています。人と人との結びつきを大事にし、「分かち合う心を創造」していく社会こそが、わが党が目指す真の国家の姿です。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…