不登校新聞

572号 2022/2/15

「不登校の子こそ向いています」家で始めるプログラマーへの道

2022年02月14日 15:37 by kito-shin
2022年02月14日 15:37 by kito-shin

 近年、子どもの憧れの職業として人気が高まっているプログラマー。「プログラマーになりたい」という夢を持つ人は不登校のなかでも多くいます。そこで現役のプログラマーであり、数々のアプリ開発を手掛け、アプリ関連の書籍も執筆したエヌ次元株式会社代表の澤良弘さんに、プログラマーになるためにはどんなことを学べばよいのか、不登校の人もプログラマーになれるのかを書いてもらいました(※写真は澤良弘さん)。

* * *

 僕が最初にプログラミングを覚えたのは、小学校5年生のときでした。パソコン上のプログラミングで自分の考えたゲームがつくれるということがわかったからです。ゲームが大好きだった僕にとって、とても魅力を感じました。あのころは時間があればパソコンに向き合っていました。家族や友だちと遊ぶよりパソコンと話していた覚えがあります。迷路を自動的につくってくれるソフト、風船が壁にぶつからないように飛ばすゲームなどをさまざまにつくっては改良してをくり返していました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

589号 2022/11/1

【全文公開】手洗いや長時間の入浴 強迫神経症に悩む子どもに親ができること

588号 2022/10/15

【全文公開】朝起きられなくて学校へ行けない 起立性調節障害から考える不登校

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…