不登校新聞

572号 2022/2/15

「不登校の子こそ向いています」家で始めるプログラマーへの道

2022年02月14日 15:37 by kito-shin

 近年、子どもの憧れの職業として人気が高まっているプログラマー。「プログラマーになりたい」という夢を持つ人は不登校のなかでも多くいます。そこで現役のプログラマーであり、数々のアプリ開発を手掛け、アプリ関連の書籍も執筆したエヌ次元株式会社代表の澤良弘さんに、プログラマーになるためにはどんなことを学べばよいのか、不登校の人もプログラマーになれるのかを書いてもらいました(※写真は澤良弘さん)。

* * *

 僕が最初にプログラミングを覚えたのは、小学校5年生のときでした。パソコン上のプログラミングで自分の考えたゲームがつくれるということがわかったからです。ゲームが大好きだった僕にとって、とても魅力を感じました。あのころは時間があればパソコンに向き合っていました。家族や友だちと遊ぶよりパソコンと話していた覚えがあります。迷路を自動的につくってくれるソフト、風船が壁にぶつからないように飛ばすゲームなどをさまざまにつくっては改良してをくり返していました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校と「勉強の遅れ」塾探しの前に親がすべきたった1つのこと

581号 2022/7/1

子育てがしんどい親を守る3つのバリア

580号 2022/6/15

不登校のSOSを見逃さず受けとめるための2つのポイント

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...