不登校新聞

572号 2022/2/15

納得できる不登校の本が見つからない。そんな父親に必読の1冊

2022年02月14日 15:38 by kito-shin

 父親のために、父親が書いた不登校の本があるのをご存じでしょうか。「父親がわが子の不登校を理解せずに困っている」「父親が不登校の親の会に参加してくれない」などの悩みを抱えている母親のみならず、「不登校に関して具体的に書かれた本を探している」という父親にとっても、大きな助けとなる1冊をご紹介します。

* * *

 今回ご紹介するのは「父親のために、父親が書いた不登校の本」です。著者は自身のお子さんを「東京サドベリースクール」に通わせていた蓑田雅之さん。蓑田さんは不登校の問題の核心は「学校へ行けないこと」ではなく「子どもの自己肯定感が下がること」であると指摘します。そのうえで、キーマンとなるのは父親であり、夫婦のチームワークを大切にしつつ、不登校をロジカルに考えていく方法について、父親視点で解説しています。

 自己肯定感をめぐり、蓑田さんは2つの選択肢を提示します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校取材歴20年のノウハウを集約 親にできることを徹底解説した1冊

580号 2022/6/15

全国の不登校の居場所情報が載った親必携の1冊

579号 2022/6/1

当事者の声を聴き続けて20年、ひきこもり支援とは何かを問う1冊

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...