不登校新聞

572号 2022/2/15

納得できる不登校の本が見つからない。そんな父親に必読の1冊

2022年02月14日 15:38 by kito-shin
2022年02月14日 15:38 by kito-shin

 父親のために、父親が書いた不登校の本があるのをご存じでしょうか。「父親がわが子の不登校を理解せずに困っている」「父親が不登校の親の会に参加してくれない」などの悩みを抱えている母親のみならず、「不登校に関して具体的に書かれた本を探している」という父親にとっても、大きな助けとなる1冊をご紹介します。

* * *

 今回ご紹介するのは「父親のために、父親が書いた不登校の本」です。著者は自身のお子さんを「東京サドベリースクール」に通わせていた蓑田雅之さん。蓑田さんは不登校の問題の核心は「学校へ行けないこと」ではなく「子どもの自己肯定感が下がること」であると指摘します。そのうえで、キーマンとなるのは父親であり、夫婦のチームワークを大切にしつつ、不登校をロジカルに考えていく方法について、父親視点で解説しています。

 自己肯定感をめぐり、蓑田さんは2つの選択肢を提示します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

「不登校からの大学進学」4000人の卒業生を輩出した個別指導塾代表が語る不登校からの学び直しのコツ

620号 2024/2/15

「ひきこもりから最初の一歩を踏み出す」ひきこもり経験者が語る大事なこと

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…