不登校新聞

572号 2022/2/15

納得できる不登校の本が見つからない。そんな父親に必読の1冊

2022年02月14日 15:38 by kito-shin
2022年02月14日 15:38 by kito-shin

 父親のために、父親が書いた不登校の本があるのをご存じでしょうか。「父親がわが子の不登校を理解せずに困っている」「父親が不登校の親の会に参加してくれない」などの悩みを抱えている母親のみならず、「不登校に関して具体的に書かれた本を探している」という父親にとっても、大きな助けとなる1冊をご紹介します。

* * *

 今回ご紹介するのは「父親のために、父親が書いた不登校の本」です。著者は自身のお子さんを「東京サドベリースクール」に通わせていた蓑田雅之さん。蓑田さんは不登校の問題の核心は「学校へ行けないこと」ではなく「子どもの自己肯定感が下がること」であると指摘します。そのうえで、キーマンとなるのは父親であり、夫婦のチームワークを大切にしつつ、不登校をロジカルに考えていく方法について、父親視点で解説しています。

 自己肯定感をめぐり、蓑田さんは2つの選択肢を提示します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…