不登校新聞

573号 2022/3/1

不登校と安否確認、実例から考える親として知っておきたい対応策

2022年02月28日 17:40 by kito-shin

 

 子どもの担任から「お子さんの安否確認のため、子どもに会わせてほしい」と言われて困った経験はありませんか? 不登校している子どもの保護者に対し、学校からこのような問い合わせがあるのは、虐待の有無を調査するための安否確認ですが、子どもがどうしても会いたがらないなど、困惑されている親もいらっしゃるかと思います。では、学校からこうした問い合わせがあった場合、親としてどう対応したらよいのでしょうか。こうしたケースに実際に対応したことがある「フリースクールネモ」理事長・前北海さんに、対応における具体策やコツについて解説していただきます(※写真は前北海さん)。

* * *

 担任の先生から「子どもに会わせてほしい。面会しないとダメなんです」なんてことを言われたことありませんか。今まで何も言われなかったのに、会うことへの急なプレッシャーに困惑した経験がある方もいるのではないでしょうか?

 驚かずに聞いていただきたいのですが、これは虐待の有無の調査のための安否確認(緊急点検)の場合があります。虐待の事件が大きく報道されるときに、緊急対応として学校を休んでいる子ども全員を対象に、先生たちが虐待の有無を含めて調査しなければいけないという背景があります。

 しかしながら、結論から言うと、安否確認は学校の担任の先生が直接面会して確認する必要はありません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校と「勉強の遅れ」塾探しの前に親がすべきたった1つのこと

581号 2022/7/1

子育てがしんどい親を守る3つのバリア

580号 2022/6/15

不登校のSOSを見逃さず受けとめるための2つのポイント

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...