不登校新聞

573号 2022/3/1

起立性調節障害と不登校、中学3年間の不登校とその後を漫画化

2022年02月28日 17:54 by kito-shin
2022年02月28日 17:54 by kito-shin

 不登校の理由として近年、起立性調節障害に対する関心が高まっています。中学生のときに起立性調節障害と診断され、中学3年間はほぼ不登校だったというマンガ家・月本千景さんが自身の体験談をまとめた「学校に行けなかった私が漫画家になるまで 起立性調節障害とわたし」というマンガをご存じでしょうか。朝起きられない・立ちくらみ・だるさ・頭痛・腹痛などの症状について、「怠けている」「気合が足りない」と自分を責めている不登校当事者、そしてその親に読んでほしい1冊として紹介します。

* * *

 今回ご紹介するのは、中学生のときに「起立性調節障害」と診断され、中学3年間はほぼ不登校だったというマンガ家・月本千景さんが実体験をマンガ化したもの。月本さんが診断を受けた国立成育医療研究センターのホームページによると、「起立性調節障害」とは、自律神経系の不調により、朝起きられない・立ちくらみ・だるさ・頭痛・腹痛などの症状が出る、思春期の子どもに多く見られる病気とあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…