不登校新聞

574号 2022/3/15

迫りくる新学期に揺れる心。私たちが新学期に思っていたこと

2022年03月14日 15:46 by kito-shin
2022年03月14日 15:46 by kito-shin

 1つの区切りとなる新学期は、不登校の子どもにとって思いが揺れやすい時期。今回は不登校経験者のSORAさん、町田和弥さん、結花さんの3名に新学期を目前に感じていた不安や心のうち、また周囲からの救われた対応、傷ついた対応について執筆いただいた。

* * *

言わなくても察してよ

 私は元々新しい環境が得意ではなく、慣れるのに人一倍時間がかかります。なので、新学期前はクラス替えがあるというだけで、不安な気持ちになりました。担任やクラスメイトが入れ替わることで、それまでつくりあげてきた自分の環境が一変してしまうことが負担だったのです。不登校だった小学6年生のころは環境が変わることで「もしかしたら不登校状態から抜け出せるかも」と新学期への期待もすこしはありましたが、やはり「この先、私の環境はどうなっていくのか」というプレッシャーのほうが勝っていました。なので、夜眠れなかったり、ご飯があまり喉を通らなかったり、新学期の前後は体調もよくありませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…