不登校新聞

574号 2022/3/15

迫りくる新学期に揺れる心。私たちが新学期に思っていたこと

2022年03月14日 15:46 by kito-shin

 1つの区切りとなる新学期は、不登校の子どもにとって思いが揺れやすい時期。今回は不登校経験者のSORAさん、町田和弥さん、結花さんの3名に新学期を目前に感じていた不安や心のうち、また周囲からの救われた対応、傷ついた対応について執筆いただいた。

* * *

言わなくても察してよ

 私は元々新しい環境が得意ではなく、慣れるのに人一倍時間がかかります。なので、新学期前はクラス替えがあるというだけで、不安な気持ちになりました。担任やクラスメイトが入れ替わることで、それまでつくりあげてきた自分の環境が一変してしまうことが負担だったのです。不登校だった小学6年生のころは環境が変わることで「もしかしたら不登校状態から抜け出せるかも」と新学期への期待もすこしはありましたが、やはり「この先、私の環境はどうなっていくのか」というプレッシャーのほうが勝っていました。なので、夜眠れなかったり、ご飯があまり喉を通らなかったり、新学期の前後は体調もよくありませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

偏差値37から大学へ 実体験から考える不登校からの勉強で大事なこと

580号 2022/6/15

「学校は毎日通わなければ」と思っていた私が自分のペースで学校と付き合えるようになるまで

580号 2022/6/15

映像会社で働く僕が不登校経験を「こんなもん」と思えた理由

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...