不登校新聞

574号 2022/3/15

小2から不登校の息子が中学行かない宣言、母から見た息子の変化

2022年03月14日 15:40 by kito-shin

 この春進学する中学校に「行かない宣言」をした息子。母親である川辺恵さん(仮名・島根県在住)は「それでも息子は大丈夫」と考えているそうです。しかし、夫や両親の無理解や、教師とカウンセラーとの板挟みなど、川辺さんが「大丈夫」と思えるまでの道のりは、とても苦しいものでした。これまでの歩みと今後について聞きました。

* * *

――今、息子さんは小学校6年生だそうですが、不登校になったのはいつごろですか?

 息子が不登校になったのは、小学2年生のときのことです。とくにきっかけになるような大きな出来事はなかったのですが、入学して1年がすぎたころに「なぜ学校へ行かないといけないのか」「なんのために勉強をしないといけないのか」と、いろいろなことに疑問を持ったようです。

 そのうち「なんでなの? なんでなの?」と、疑問をぶつけてくる回数がだんだんと増えてきて。私はその都度、「大人になるために必要だからだよ」とか「友だちと遊ぶために行くんだよ」といったことを答えていました。でも、それには反応がなかったですね。腑に落ちなかったのか、学校という社会が理解できなかったのか、わかりません。

 本人は納得できない状態で登校を促されることがつらかったのでしょう。しだいに、体に異変が現れてきました。最初は胃腸炎。何日か休むと体は回復しますが、学校へは行けませんでした。当初は私も「休まないで行ってほしい」と思っていたので、なんとかして通わせようと、なかば強引に連れて行くうちに、目に見えてようすがおかしくなっていったんです。元気がないというか、いつもぼうっとしていて、どこを見ているのかわからないような目をしていたり、テレビの画面をうつろに眺めているだけだったり。話しかけても耳に入っていないときもあり、会話もできないような状態になってしまって。大好きな外遊びもしなくなり、ご飯も食べなくて、元々痩せ型の息子が、さらに痩せ細っていきました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...