不登校新聞

292号(2010.6.15)

じゃがいもじゅく日記「私塾を通じて見えてくる、学校教育の問題点」

2013年11月06日 14:44 by nakajima_


東京都の小学校教員を退職して、この4月で4年がたった。辞めた直後も、そしていまでも「退職は本意ではなかった」と感じている。

 学校を辞めたくはなかった。しかし、退職を決めたとき、僕の心はかなりのところまでいっていたと思う。認めたくはないが、不整脈と精神安定剤、そして睡眠誘導剤はピークに近づいていた。薬こそ飲んでいないかもしれないが、ほとんどの教員が僕と似たような精神状態にあるのではないか。精神疾患による休職が全国で5400人(08年度・文科省発表)という数字は、氷山の一角である
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...