不登校新聞

575号 2022/4/1

父親・母親が語るわが家の不登校、つらい時期をどう乗り切ったのか

2022年03月29日 15:35 by koguma
2022年03月29日 15:35 by koguma

 わが子が不登校になったとき、親としてどんなことがつらかったか。また、不登校に対する考え方や子どもへの対応をめぐり、夫婦間でどのようなすれちがいがあったのか。今回は不登校の子どもを持つ父親2人と母親の3名による座談会を企画。父親目線、母親目線で「わが家の場合の不登校」について、本音を語っていただきました。

* * *

――まずは自己紹介とともに、お子さんが不登校になった経緯をお聞かせください。

A山 2人の息子の父です。現在中1の長男が小4の秋ごろから体調不良になり、学校へ行かなくなりました。うちは次男も不登校で小学校に入学して3日目に「学校へ行きたくない」と宣言しまして、長男ともども、フリースクールネモにお世話になっています。

B田 高1と小5の子どもの父で、下の子が不登校です。生きしぶりが始まったのは小1の5月でした。運動会の当日、急に行きたくないと言い出しまして。小2のとき「発達障害」と診断され、2学期からはネモに通っています。

C木 私は3人の娘の母です。現在、中1の三女が小5から不登校しています。冬休み明けから腹痛などの体調不良が始まりました。「もう行かない」と言って、不登校になりましたが、理由は本人にもわからない状態でした。

――不登校は親にとってもつらいものであると思います。みなさんはどんなときにつらいと感じましたか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…