不登校新聞

575号 2022/4/1

父親・母親が語るわが家の不登校、つらい時期をどう乗り切ったのか

2022年03月29日 15:35 by koguma

 わが子が不登校になったとき、親としてどんなことがつらかったか。また、不登校に対する考え方や子どもへの対応をめぐり、夫婦間でどのようなすれちがいがあったのか。今回は不登校の子どもを持つ父親2人と母親の3名による座談会を企画。父親目線、母親目線で「わが家の場合の不登校」について、本音を語っていただきました。

* * *

――まずは自己紹介とともに、お子さんが不登校になった経緯をお聞かせください。

A山 2人の息子の父です。現在中1の長男が小4の秋ごろから体調不良になり、学校へ行かなくなりました。うちは次男も不登校で小学校に入学して3日目に「学校へ行きたくない」と宣言しまして、長男ともども、フリースクールネモにお世話になっています。

B田 高1と小5の子どもの父で、下の子が不登校です。生きしぶりが始まったのは小1の5月でした。運動会の当日、急に行きたくないと言い出しまして。小2のとき「発達障害」と診断され、2学期からはネモに通っています。

C木 私は3人の娘の母です。現在、中1の三女が小5から不登校しています。冬休み明けから腹痛などの体調不良が始まりました。「もう行かない」と言って、不登校になりましたが、理由は本人にもわからない状態でした。

――不登校は親にとってもつらいものであると思います。みなさんはどんなときにつらいと感じましたか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...