不登校新聞

575号 2022/4/1

中1で不登校をした私が「不登校ガイドブック」をつくりたい理由

2022年03月29日 15:41 by yukaendo

 2021年7月18日、『不登校新聞』子ども若者編集部はイベント「経験者でつくる不登校ガイドブック」を開催した。今回はイベントの立案者である、すみれさんに自身の不登校経験も交えつつ、イベント内で実際に出た意見をまとめて執筆いただいた。イベントを通して、すみれさんがあらためて実感したこととは。

* * *

 中1の夏休み明けから中学卒業まで不登校を経験した私は、不登校で苦しんだ人たちの経験談や声が載った「不登校ガイドブック」をつくりたいと、ずっと思っていました。それは不登校当事者、経験者の経験は「学校がつらい人たちの支えになる」と思うからです。行きたくないと思いながらもまだ学校へ通っていたころ、私は不登校という選択をするか、しないか、不登校になったとしたら、その先にはどんな道があるのか、自分の心のなかで疑問や不安が浮かぶものの、誰にもその答えを聞けないもどかしさを感じていました。でも、学校がつらい状況で今後の選択を迷ったり、不安に襲われたりするのは私だけではないはずです。そんな思いから「学校がつらい人がすこしでも安心できるような情報や選択肢が載ったガイドブックをつくりたい」と私は思うようになりました。そして、ガイドブック作成の第1歩として、みなさんから不登校経験談をつのるイベントを私は昨年『不登校新聞』で企画しました。今回はそのイベントで参加者のみなさんから集まった、いくつかの経験談と私が感じたことをまとめたいと思います。

 イベント当日は、不登校前、不登校中、不登校後とそれぞれの段階を意識して「学校へ行くか迷ったときに、まずどうしたか」「不登校のあいだのすごし方」「不登校の経験から得られたもの」という3つのテーマでみなさんに話し合ってもらいました。

 まずは1つめのテーマ「学校へ行くか迷ったとき、まずどうしたか」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「次は教室へ」先生の一言が別室登校中の子の安心感を奪う理由

581号 2022/7/1

先生に知ってほしい、別室登校中の子へのNGワード

581号 2022/7/1

私が中学校を休学したかった理由

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...