不登校新聞

292号(2010.6.15)

突撃!!日本ロマンチスト協会

2013年11月06日 15:29 by nakajima_



「日本ロマンチスト協会」。名前を見ただけでは、どんな団体かさっぱりわからない。しかし、やけに気になる。「気になるはほっとかない」がモットーのわれわれは、口マンを追うならばと、下調べせずに、取材に出向いた。

 「日本ロマンチスト協会」。あなたはこの名前に何を感じるだろうか。なんだかよくわからないけど、一度聞いたら忘れられない、とてつもなく魅力的な言葉「日本ロマンチスト協会」。どんなとこなんだろう。どんな人たちがいるんだろう。ということで訪ねてみることにした。

 われわれは、この正体不明の組織に対し、あえていっさいの下調べなしで取材に望んだ。会って直接話しを聞くまで、何をやっているところなのかまったくわからないのだ。非常識、しかし、その態度こそロマン。情報過多のこの時代に、名前ひとつで会いに行くのだ。

 とはいえ、相手にしてみれば失礼な話と受け取られても仕方がない。内心不安でいっぱいのところへ、事務局長の波房克典さんが登場。取材趣旨を説明すると、「では日本ロマンチスト協会という響きひとつで来てくれたわけですね、それはうれしいです」とのお言葉。おお! 通じた! つながった喜びを感じつつ、さっそく取材に入る。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の鬼門「床屋の世間話」を回避する方法【体験談】

468号 2017/10/15

かつて不登校した私から、いま不登校の子を持つ親へ伝えたいこと【不登校経験者・寄稿】

467号 2017/10/1

外見はふつう、内面はひきこもりを続けた結果…【当事者手記】

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...