不登校新聞

292号(2010.6.15)

不登校の歴史 第292回

2013年11月06日 15:38 by nakajima_


 ひきこもり当事者による雑誌『IRIS』の創刊は、03年である。前回に続き、創刊号の座談会を紹介したい。

■家族に対して思っていることは


 「親にしてみれば、とりあえずお金は出してあげるから、自分の好きな道に進んでほしい、と思っていたみたい。でも自分は、『うちの跡取りになりたいならそうしていい』と言ってほしかった。現実にできるかできないか別として。でも、親は子がそう考えているとはまったく思っていなかったのはショックだった。言わない自分にも責任はあるが、そんなことは、子どもからは言えないだろうと思っていた。両親は、親から子どもに働きかけないことが子どもを尊重することだと思っていたらしい。それは、結果的に、子どもにとっては無視されたり、放置されたりするのと同じ結論にしかならない。親に非があったとは思わないけれど、自分には、このうえなくつらい結論になった」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...