不登校新聞

292号(2010.6.15)

宝塚不登校の会5周年

2013年11月06日 15:48 by 匿名
 宝塚不登校の会「サポート」では、7月31日に5周年記念事業として、「家族が人生の危機と向き合うときシリーズ」第2弾を企画します。5年もすぎると 子どもの年齢・状態も変わり、当会は不登校を切り口にしていますが、いまでは思春期の子どもをもつ親の悩みを話せる場ともなっています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小2の娘が休校明けに登校しぶり。親を追い詰めた言葉、救った言葉

558号 2021/7/15

「無理やり行かせたほうが恨むよ 」小1で不登校した息子と母の思い

556号 2021/6/15

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

554号 2021/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

559号 2021/8/1

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から...

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...