不登校新聞

576号 2022/4/15

ひきこもり相談で心療内科医に言われた意外すぎる一言

2022年04月11日 15:20 by kito-shin

 息子の不登校・ひきこもりに悩み、保健所へ相談に行った後藤誠子さん。説明を黙って聞いていた医師が後藤さんに伝えたのは、とても意外な言葉でした(連載「不登校は幸せへの道」第15回)。※写真は後藤誠子さん

* * *

 地元の親の会に参加したのとちょうど同じころ、保健所でもひきこもり相談があることを知り、今度は迷うことなく申し込んだ。1人では次男を助けられないとやっとわかったから。3カ月待ってやっと順番がまわってきた。相談室で待っていたのは白髪交じりの男性の心療内科医だった。事前に保健師さんに相談した内容を確認していたのだろう。医師は穏やかな表情で「20歳の息子さんのことでしたね」と問いかけてきた。

 私は大きくうなずいて学校にも仕事にも行けない次男のことを話し出した。途中、思いがあふれて涙ぐむことも。30分以上も話しただろうか。医師に見せようと次男の手書きのメモを持参していたことを思い出した。次男がギター工房のOさんに当てて書いたメモだ。

 医師はじっくりとそのメモに目を通し、私の顔を見て言った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の気持ちが初めてわかった日

581号 2022/7/1

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

ボランティアを半年続けられた息子に起きたまさかの出来事

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...