不登校新聞

576号 2022/4/15

2021年の小中高生の自殺は473人 過去2番目の多さに厚労省「強い危機感」

2022年04月12日 16:44 by kito-shin

 2022年3月15日、厚生労働省が2021年における自殺者数のデータを公表しました。小中高生の自殺は過去最多だった2020年より減少したものの、過去2番目の多さであり、高止まりの状態が続いています。データの分析を行なっている厚生労働省の自殺対策推進室の見解と合わせて、子どもの自殺の現状を報道します。

* * *

 厚生労働省は3月15日、警察庁の統計に基づく2021年中の自殺者数の確定値を公表した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...