不登校新聞

576号 2022/4/15

2021年の小中高生の自殺は473人 過去2番目の多さに厚労省「強い危機感」

2022年04月12日 16:44 by kito-shin
2022年04月12日 16:44 by kito-shin

 2022年3月15日、厚生労働省が2021年における自殺者数のデータを公表しました。小中高生の自殺は過去最多だった2020年より減少したものの、過去2番目の多さであり、高止まりの状態が続いています。データの分析を行なっている厚生労働省の自殺対策推進室の見解と合わせて、子どもの自殺の現状を報道します。

* * *

 厚生労働省は3月15日、警察庁の統計に基づく2021年中の自殺者数の確定値を公表した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…