不登校新聞

577号 2022/5/1

毎日の欠席連絡は地獄です。不登校の親に聞く「8つの質問」その1

2022年04月26日 11:28 by kito-shin

 中1の5月から娘さんが不登校になった、岡本まゆみさん(仮名)。ゲーム時間の制限や家での勉強、学校への欠席連絡などはどのようにされていたのでしょうか。不登校の親の多くが気になっている「8つの質問」をしてみました。(聞き手・茂手木涼岳、編集・棚澤明子)

* * *

――今春、通信制高校に入学された娘さんは、中学校時代は不登校だったとうかがいました。どのような状況だったのでしょうか。

 小学校高学年のころから体調を崩しがちだったのですが、本格的に登校できなくなったのは中1の5月からです。受験を経て入学した私立中学校だったのですが、知り合いがほとんどいないうえに授業中もさわぐ子が多かったので、人見知りの娘にとってストレスが大きかったのかもしれません。頭痛や食欲不振で中1の2学期から保健室登校になって、その後は週1回程度の登校になりました。同じころ、起立性調節障害の診断をもらい、通院もしていました。また学校以外に、市の教育支援センターに週に1回通っていました。

――ゲームやネット、スマホの使用時間は制限していましたか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

ゲームの制限や勉強はどうしていた?不登校の親に聞く「8つの質問」その2

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...

575号 2022/4/1

わが子が不登校になったとき、親としてどんなことがつらかったか。不登校の子ど...