不登校新聞

577号 2022/5/1

不登校の僕が漫画家になるまで。おうちで実践した3つの方法

2022年04月26日 11:28 by kito-shin
2022年04月26日 11:28 by kito-shin

 「漫画家になりたい」という夢を持つ人は不登校のなかにも多くいます。そこで小学生から中学生にかけて9年間不登校をし、現在は漫画家として活躍している棚園正一さんに、漫画家になるまでの道のりや、漫画家になるためにはどんなことを学べばよいのか、不登校の人も漫画家になれるのか、執筆していただきました(※画像は棚園正一さんの著書)。

* * *

 僕が漫画を描き始めたきっかけは、不登校になる前の小学1年生のころ、風邪で休んでいたとき、母親が暇つぶしにと買ってきてくれた漫画『ドラゴンボール』を読んだことです。それまでもアニメ版は大好きで観ていたのですが、原作を読んでびっくり。「なんてカッコイイ絵なんだ!!」と衝撃を受けたのです。

 もともと絵を描くことは好きだったのですが、「自分もこんな漫画を描いてみたい‼」と思うようになってからは、一気に絵の世界にのめりこむようになりました。最初はドラゴンボールの模写から始まり、だんだんオリジナルの漫画を描くようになっていきました。

 本格的に描き始めたのは中学1年生からです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

587号 2022/10/1

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

586号 2022/9/15

「うつ病の一歩手前」と診断 夏休み明けに不登校した私を救った一言

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…