不登校新聞

577号 2022/5/1

よいとこさがしに必死だった私、まちがいに気づいたことでひきこもる息子に戻った笑顔

2022年04月26日 11:28 by kito-shin
2022年04月26日 11:28 by kito-shin

 息子さんの不登校・ひきこもりに悩み、心療内科医の勧めで相談会へ行った後藤誠子さん。相談会でどうしても苦手だったのは、「よかったことを話す時間」でした。しかしこの「よかったこと探し」がきっかけで、暗い日々を送っていた後藤さんに光が差し始めることになるのです。(連載「不登校は幸せへの道」第16回)※画像は後藤誠子さん

* * *

 「こんなに明るいひきこもりの母親はいない」と私を評した心療内科医が、相談室を出ようとする私に言った。「うちの病院の家族相談会に来てみたらいいんじゃないかな」。そこは私がすこし前から行くようになった地域の親の会とはちがい、心理士や保健師の方も参加し専門的なアドバイスを受けられるとのことだった。私はすぐに参加を申し込んだ。

 病院の家族相談会に月に1度通うようになって、私は本当の意味で自分と向き合い始める。そのきっかけとなったのが相談会で毎回行なわれる「よかったこと探し」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

迷いはまだまだあるけれど、今を楽しんで生きていこう 不登校の母の決意

593号 2023/1/1

息子の不登校から12年「私はいま幸せです」と母が断言できる理由【全文公開】

592号 2022/12/15

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…