不登校新聞

577号 2022/5/1

よいとこさがしに必死だった私、まちがいに気づいたことでひきこもる息子に戻った笑顔

2022年04月26日 11:28 by kito-shin
2022年04月26日 11:28 by kito-shin

 息子さんの不登校・ひきこもりに悩み、心療内科医の勧めで相談会へ行った後藤誠子さん。相談会でどうしても苦手だったのは、「よかったことを話す時間」でした。しかしこの「よかったこと探し」がきっかけで、暗い日々を送っていた後藤さんに光が差し始めることになるのです。(連載「不登校は幸せへの道」第16回)※画像は後藤誠子さん

* * *

 「こんなに明るいひきこもりの母親はいない」と私を評した心療内科医が、相談室を出ようとする私に言った。「うちの病院の家族相談会に来てみたらいいんじゃないかな」。そこは私がすこし前から行くようになった地域の親の会とはちがい、心理士や保健師の方も参加し専門的なアドバイスを受けられるとのことだった。私はすぐに参加を申し込んだ。

 病院の家族相談会に月に1度通うようになって、私は本当の意味で自分と向き合い始める。そのきっかけとなったのが相談会で毎回行なわれる「よかったこと探し」だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

587号 2022/10/1

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

586号 2022/9/15

「ひきこもりの親を楽しんでしまえ」母親の価値観を大きく変えた出会い

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…