不登校新聞

577号 2022/5/1

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

2022年04月26日 12:10 by kito-shin
2022年04月26日 12:10 by kito-shin

 「多様な学びプロジェクト」が今年3月に行なったアンケート調査で、わが子の不登校をめぐり、学校とのやりとりに困った経験があると答えた親が9割に達することが明らかになりました。学校への出欠連絡を毎朝するのがしんどい、学校の先生と話がかみ合わない、学校からのプリントの受け渡しで困っている――。そんな親の声をもとにつくられた「学校への依頼文フォーマット」がWEB上で公開されました。親の要望について、各項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「学校への依頼文フォーマット」。内容を紹介するとともに、作成にいたるいきさつや今後の思いなどについても「多様な学びプロジェクト」関係者にお話をうかがいました(※画像はイメージです)。

* * *

 依頼文は「出欠連絡の方法」「子どもの安否確認」「プリントなどの受け渡し方法」「登校刺激や家庭訪問」「給食費の支払い」など10項目のチェック欄のほか、保護者からの要望を伝える自由記述欄もある。依頼文はホームページからダウンロードでき、記載例を見ながら記入できる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…