不登校新聞

577号 2022/5/1

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

2022年04月26日 12:10 by kito-shin
2022年04月26日 12:10 by kito-shin

 「多様な学びプロジェクト」が今年3月に行なったアンケート調査で、わが子の不登校をめぐり、学校とのやりとりに困った経験があると答えた親が9割に達することが明らかになりました。学校への出欠連絡を毎朝するのがしんどい、学校の先生と話がかみ合わない、学校からのプリントの受け渡しで困っている――。そんな親の声をもとにつくられた「学校への依頼文フォーマット」がWEB上で公開されました。親の要望について、各項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「学校への依頼文フォーマット」。内容を紹介するとともに、作成にいたるいきさつや今後の思いなどについても「多様な学びプロジェクト」関係者にお話をうかがいました(※画像はイメージです)。

* * *

 依頼文は「出欠連絡の方法」「子どもの安否確認」「プリントなどの受け渡し方法」「登校刺激や家庭訪問」「給食費の支払い」など10項目のチェック欄のほか、保護者からの要望を伝える自由記述欄もある。依頼文はホームページからダウンロードでき、記載例を見ながら記入できる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・教員を理由とした不登校 教員と子どもの認識に数十倍の開き【全文公開】

592号 2022/12/15

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…