不登校新聞

578号 2022/5/15

不登校の相談先「親の会」一覧

2022年05月10日 12:26 by kito-shin

福岡県久留米市
ダンデライオン 不登校ひきこもりを考える親の会

 フリースクール・通信制高校キャンパスの運営を通し30年近くさまざまな親子の相談を受けてきたNPO法人未来学舎の代表を講師に迎え茶話会を行なっています。当事者だけでなく、支援の立場の方、多様な学びに興味のある方もウェルカム! いろいろな人が交わって話をし「すこし気持ちがラクになった」という時間にしていきたいです。参加希望の方はメールでご連絡くださいね♪(内山)

https://dandelionkurume.amebaownd.com
連絡先:TEL 090-1801-8863/dandelionkurume@gmail.com
定例会の場所:フリースクール未来学舎(福岡県久留米市六ツ門町19-6)
または、Wcafe(福岡県久留米市宮ノ陣4-30-10)
定例会の日時:奇数月第3日曜日/参加費:300円

千葉県長生郡長南町
チョット、聴いてよの会

 「チョット、聴いてよの会」は、学校へ行けない息子のことで、悩み苦しんでいたときに、同じ立場のお母さんと出会ったことから始まりました。気持ちを共有するだけで、元気になれました。子どもとの関わり方も変化しました。うんうんと聴いてくれる温かさに癒やされました。『共感』の持つ力を信じています! ぜひ、遊びに来てください。いつでも、お待ちしています。(新堂)

https://tadpole.jimdosite.com/frog-flag/
連絡先:TEL 090-8260-8224/tadpole.frogflag@gmail.com
定例会の場所:千葉県長生郡長南町佐坪1131 KIZUNA HOME 220
定例会の日時:毎月第2木曜日13時半~15時 /参加費:無料(材料費別途)

茨城県神栖市
神栖親の会ひまわり

 わが子が不登校やひきこもりになったら、親は不安になります。親の会には、わが子が不登校やひきこもりを経験した親がいます。体験した親だからこそわかり合える話ができます。親の会があなたのエネルギー源になるでしょう。(原野)

連絡先:TEL 090-4249-6253/ari_103_h@jcom.zaq.ne.jp
定例会の場所:神栖市平泉コミュニティセンター(茨城県神栖市平泉2751)
定例会の日時:毎月第3金曜日13時半~15時半/参加費:200円

長野県長野市
ブルースカイ(登校拒否を考える親と子の会)

 1990年、児童相談所の親の会で知り合ったメンバー5名で発足。「いつ来ても、いつ帰ってもいいよ」「疲れたり、傷ついた心を癒してくれる仲間がいる」ほっと安心できる居場所に集まって来てくださる人たちとつくりあげてきました。経験者どうしだからわかり合えることも多く、「参加してよかった」と笑顔になり、その親の心の余裕が子どもとの関係をよくしています。たくさんの気づきを親の会で見つけませんか? (松田)

連絡先:TEL 026-278-7223
定例会の場所:長野市障害者福祉センター(長野県長野市鶴賀276)
定例会の日時:毎月第3水曜日13時半~17時/参加費:500円

北海道函館市、北海道渡島・桧山地方
登校拒否と教育を考える函館アカシヤ会

 1993年に発足し、月例会と会報発行(年4回)、講演会などの市民向け啓発活動を続けています。保護者(最近は祖父母の参加も増えています)どうしが気軽に語り合える場です。理解のある教員や福祉関係者も参加し貴重な情報を伝えてくれる場合もあり、函館市教育委員会や函館市社会福祉協議会とも連携しています。2021年度の会員は112名です。(野村)

http://akashiyakai.starfree.jp/
連絡先:TEL 090-6261-6984/tnomura@sea.ncv.ne.jp
定例会の場所:函館市総合福祉センターあいよる21(函館市若松町33-6)
定例会の日時:毎月第3日曜日13時半~16時:参加費:200円(年会費1000円)

親の会欄について編集部よりお知らせ

 かねてより、本紙8面で掲載してきました「親の会例会情報」をリニューアルいたしました。各地の活動について、開催日時のみならず、より詳細な情報発信をしていくためです。

 また、このたびフリースクールの情報も、あわせて掲載することが決まりました。近年子どもの居場所に関する情報を求める声が高まっているためです。今後はフリースクールの情報も随時募集いたします。

 つきまして、「親の会例会・フリースクール情報」への掲載をご希望される場合は、不登校新聞社(tokyo@futoko.org)にメールにてご連絡ください。以上、なにとぞよろしくお願い申し上げます。(担当・石井)

関連記事

「母と娘、対話の難しさ」対話イベント開催へ

578号 2022/5/15

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

578号 2022/5/15

読者限定無料イベント「読者ミーティング」のお知らせ

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...

575号 2022/4/1

わが子が不登校になったとき、親としてどんなことがつらかったか。不登校の子ど...